スズメバチや害虫の巣ごと駆除するなら業者に相談しよう

アシナガバチ退治

蜂

アシナガバチはスズメバチ科ではありますが、その攻撃性はずっと大人しいハチです。しかし巣やアシナガバチ自体を刺激することで刺されるケースがあります。多くの被害ケースは巣をいじった子供、洗濯物に留まっているのに気付かずに掴んで刺されるケースです。スズメバチと違い警戒範囲に入ってもいきなり刺されることはないので巣やアシナガバチ自体にかかわらなければ安全といえます。しかし、分別の知らない子供がいる場所などでは、気が気じゃないでしょう。その場合のアシナガバチ駆除においては、殺虫剤を何度か風下から噴射し親ハチがいなくなってから水をかけて巣をもぎ取るように行ないます。巣探しやアシナガバチ駆除は巣をいつ取るかなどの判断が重要なので、慣れている業者に依頼をした方が安全です。比較的大人しいハチではありますが、スズメバチと同じで毒があります。その毒性はスズメバチ程強くはありませんが、アシナガバチ駆除の際も、刺されるとアナフィラキシーショックを起こすことがあります。無理に自力での巣の除去や、アシナガバチ駆除を行なわないことが無難でしょう。刺されたら皮膚科に相談を行なう必要があります。アシナガバチは蛾や蝶の幼虫を食べるので、畑やガーデニングでは葉や実を襲う虫を退治してくれる益虫でもあります。そのため、市町村では自発的には駆除しないところもあるそうです。依頼があってから駆除を行なうため、駆除の希望があれば相談しましょう。