スズメバチや害虫の巣ごと駆除するなら業者に相談しよう

一匹見つけたら駆除依頼

白蟻

家を食い荒らす害虫であるシロアリも春頃から活発化します。春から秋が虫達の活動しやすい期間なのです。イエシロアリ被害は一気に進行する恐れがあるため、シロアリの気配がしたら、すぐさまシロアリ駆除を検討しましょう。

More Detail

人畜の敵ノミを駆除

蚤

ペットや人に被害を出すノミ。駆除しても駆除してもしつこくやってきて繁殖する鬱陶しいノミ駆除は、徹底的な対処が重要です。難しければプロの業者に依頼し、ノミとサヨナラして快適な生活に戻りましょう。

More Detail

アシナガバチ退治

蜂

巣を刺激して怒らせたり、洗濯物に紛れ込んでいることを気付かずに刺されるケースが多いアシナガバチ。アナフィラキシーショックを起こす恐れがあるため、アシナガバチ駆除は業者に相談しましょう。

More Detail

ハチ被害を食い止めるには

ハチの巣


夏と秋に被害報告が増えるのがスズメバチです。巣が大きくなり、攻撃性が上がるため、夏や秋には警戒範囲を通っただけで襲われる人が続出するのです。巣も大きく、発見しやすくなっているのですが、凶暴化しているので近づくだけで危険です。スズメバチの巣を駆除するには、早い段階での駆除が重要です。スズメバチの生態上、春はまだ巣が小さく働き蜂がほとんどいません。この期間であれば、比較的簡単にスズメバチの巣を駆除することができます。嬢王蜂が働き蜂を増やす前に駆除しておくのが安全なのです。そのタイミングを逃すと働き蜂が増え、巣のサイズとともに攻撃性がアップしていきます。夏にはスズメバチのセコムが完全に整い、秋にはその警戒範囲が一気に広がります。警戒範囲に入ったらスズメバチは撃退に向かってきます。1匹に刺されると攻撃フェロモンが注入されるので、次々とそれを目印に攻撃をしてきます。二度三度刺されると、有名なハチでの死亡原因であるアナフィラキシーショックを引き起こす恐れが高くなります。この警戒範囲が広がった時には自分で駆除しようとするよりも駆除業者に依頼をすることが重要です。一匹でも近くで見つけたら早めに駆除を相談しましょう。業者などで行なう駆除は、夕方から夜間に行なわれることがほとんどです。ハチの活動がおとなしくなる時間帯のため、周囲への被害も少なく済みます。駆除が行なわれるまでは、警戒範囲に近づかない、近づけさせないように呼びかけが重要です。